メバル 警備所

伊豆東海岸の温泉町。何故か自衛艦が時々停泊,あやしからずや!私設警備所を設け観測するべし。でも、毎週来るわけでもないので、独り言が多いかも。

新艦対艦誘導弾運用試験か?「あすか」

平成29年7月19日(火)05時39分
祭りの慰労会も終わり、ホッとした気分で
ヨボヨボ歩く警備犬を連れ早朝パト―ロール
と、堤防の向こうに見える独特の塔屋は「あすか」
嫌がる警備犬を急がせ堤防へ
居た!「あすか」とJAMSTECの船
DSCN7889.jpg
うん?「あすか」の艦橋の前におかしな物が
あんな物が在ったっけ?
DSCN7900.jpg
もうちょっと寄って見ます。
DSCN7906.jpg
これは、SSM-1Bの後継誘導弾、陸自の12式地対艦誘導弾から派生したNewSSMか?
それとも、陸自の03式中距離地対空誘導弾改から派生したNewSAMか?
元となる2種類の誘導弾のキャニスター、外から見ただけじゃ違いが良く分かりません。

これが、12式地対艦誘導弾
DSCN4410.jpg
DSCN2353.jpg
全   長 約5,000mm
同隊直径 約350mm
重   量 700kg

そして、こちらが03式中距離地対空誘導弾
DSCN4415.jpg
DSCN2359_2017072014540890c.jpg
ね、似ているでしょ。
全   長 約4,900mm
同隊直径 約320mm
重   量 570kg
大きさもほぼ同じ
キャニスターに補強の節が付いているのが03式中距離地対空誘導弾

これらを踏まえて
では、これは?
DSCN7994.jpg
ちょっと、迷うでしょ?

頭を捻りつつ、JAMSTECの船を見る
DSCN7942.jpg
深海潜水調査船支援母船「よこすか」です。
世界最高水準の大深度潜水調査船「しんかい6500」の支援母船として深海底の調査を行う船だそうです。

これが「しんかい6500」を揚げ降しするクレーンか?
DSCN7941.jpg
DSCN8007.jpg

「あすか」は、完全に逆光のため
進出観測点での撮影を諦め警備所へ戻ることにしました。

同日06時38分
やっと、逆光が弱くなってきました。
DSCN7986.jpg

狙いはミサイル
DSCN7994.jpg
う~ん、NewSSMか、NewSAMか?

おっと「よこすか」が「あすか」の手前を横切って出港
DSCN8002.jpg
錨を揚げたばかりなのであるが
船首に居る係員の少なさ!
海上自衛艦艇の場合が多すぎるのか?
DSCN8004.jpg
DSCN8012_201707201454271e8.jpg
「よこすか」は、初島の沖にて「しんかい6500」か「ディープ・トウ」の訓練をしているようだ。

さて、目を「あすか」に戻します。
ミサイルを詳しく見ていきましょう。
DSCN8053.jpg
まず、SSMかSAMか?
色々調べたところ
NewSAMについては平成29年度概算要求に、その開発予算が掲載されているとのこと。
それに対して、NewSSM平成24年度から開発開始し、平成29年度までに開発される予定とあります。
現在のSSM-1Bに比し、射程の延伸、誘導制度の向上、目標情報のアップデート機能の追加がなされるそうです。
となると、このミサイルはNewSSMと考えてよいのでは
キャニスターの節は、艦に搭載するための補強
若しくは、射程の延伸を図るためにブースターを取り付け
その噴射に耐えるための補強かもしれませんね。
そして、手前のアンテナ2本は発射されたNewSSMに
目標情報をアップデートするための物かもしれません。
まあ。勝手な想像ですけど。

もう一つ気になるところ、艦橋上の塔屋
DSCN8043.jpg
レーダー類に変化はなさそうです。

07時15分
錨鎖を上げ始めた「あすか」、向きが変わって来ました。
DSCN8087.jpg

正面からNewSSMを
DSCN8073.jpg
光学ズームの範囲を超えているので
シャープな映像が撮れません。

ズームを戻して見ます。
DSCN8094.jpg
正面から見ると、キャニスターが結構長いです。
やはり、ブースターが付いているのでしょうか?
一つ疑問に思うのは
何故、垂直発射にしないのでしょうか。
たしか「あすか」には垂直発射装置のMK41が付いている筈。
考えるに、今度の3000トンクラスの新DDには、垂直発射装置が搭載されず
且つ、NewSSMを搭載するとしたら、旧来の方式となるでしょう。
それで、この方式で実用試験?
しかし、案外、MK41にも既にNewSSMが積みこまれていたりして・・・

どんどん、錨鎖が揚げられます。
DSCN8109.jpg

「あすか」の向きはさらに変わります。
DSCN8130.jpg
思い切り寄ります
DSCN8133.jpg

07時44分 出港
DSCN8145.jpg

NewSSMをと塔屋を追いかけます
DSCN8164.jpg

塔屋にはFCS3Aらしき、大小のフェーズドアレイレーダーが残されています。
DSCN8150.jpg
先々、これらを使用してNewSAMの運用試験時を行うのでしょう、きっと。

07時51分、「あすか」は相模灘を目指して、行ってしまいました。
DSCN8190.jpg
ところで、キャニスターはいつ搭載されたのでしょうか?
本年の1月に搭載されたという記事もありました。
しかし、6月6日の「水の中」さんの記事では、キャニスターは搭載されていませんでした。
もう一度よく見なおしてみると、艦橋の前に架台だけが搭載されていました。
完全に見落としていました。
なお、「水の中」さんの素晴らしい、軍港佐世保の写真はこちらからどうぞ










関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ミニタリー - ジャンル:その他

  1. 2017/07/21(金) 16:41:48|
  2. 海上自衛隊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<帰って来た「あすか」 | ホーム | 第7師団創隊62周年・東千歳駐屯地設立63周年記念行事 その2>>

コメント

写真載せていただいてありがとうございます。もしミサイルに気付いていれば山の上まで登って正面を撮影したのですが架台だけでは知識がないと気付きませんねw
  1. 2017/07/21(金) 19:12:37 |
  2. URL |
  3. BAKOBA #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは

試験艦の試射は標的船を使うのでしょうが、
領海内で行うのでしょうか?

護衛艦はもう少し自動化を進めて隊員さんが
休めるようにしてあげないと、今後益々厳しい
状況になりそうですね。
  1. 2017/07/21(金) 20:39:45 |
  2. URL |
  3. ichan #-
  4. [ 編集 ]

またも貴重な情報をありがとうございます。
新SSMの開発は順調に行っているみたいですね。
  1. 2017/07/21(金) 22:45:54 |
  2. URL |
  3. カノッチ #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

おはようございます、BAKOBAさん。

> 写真載せていただいてありがとうございます。もしミサイルに気付いていれば山の上まで登って正面を撮影したのですが架台だけでは知識がないと気付きませんねw
こちらこそ、写真を使わせて頂いてありがとうございます。
SSM、架台だけ、しかも、艦橋の影になっていましたから見つけるのは難しいですよね。
私も、比較のためBAKOBAさんの写真を何回も見て、やっと見つけました。
当方の警備章で、フル搭載(4本)が見ることが出来たのは、ラッキーでした。

  1. 2017/07/22(土) 06:20:35 |
  2. URL |
  3. メバル所長 #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

おはようございます、カノッチさん。
朝kら蝉がうるさく、今日もまた、暑い日になりそうです。

> またも貴重な情報をありがとうございます。
> 新SSMの開発は順調に行っているみたいですね。
「あすか」のSSM、見つけた時は正直興奮しました。
とりあえず新SSM、今年中に完成
30DDから、搭載されるのではないでしょうか。

次のの楽しみは、XASM-3ですよね。
予算の関係で、開発期間が長かったですから・・・
将来はこの派生形も、陸自・海自向けに開発されることを楽しみにしています。
  1. 2017/07/22(土) 06:27:06 |
  2. URL |
  3. メバル所長 #-
  4. [ 編集 ]

Re: こんばんは

ichanさん、おはようございます。

> 試験艦の試射は標的船を使うのでしょうが、
> 領海内で行うのでしょうか?
多分、標的艦を使った試射は終わっているんじゃないかと思います。
今は、新型空対艦ミサイルXASM-3の試射に「しらね」を使う、と話題なっています。
なお、領海は岸(正確には基線)から5海里(約22.2km)の範囲ですから
試射を行うのは、無理でしょう。
行うとしたら、日本の周辺に決められた射撃訓練等区域で行われるか
海外の訓練区域を借りるのかも知れません。

> 護衛艦はもう少し自動化を進めて隊員さんが
> 休めるようにしてあげないと、今後益々厳しい
> 状況になりそうですね。
そういう方向に、進みつつあるのですが
軍艦(自衛艦)は、戦う船なので色々な役目の人が必要となり
どうしても、人数が増えてしまいます。
また、ダメコン、ダメージコントロールの面からも
必要な人数が多くなります。
敵から撃たれて火災となり
消火をするのは
現に艦を動かしたり、戦っている隊員以外の隊員がやらなければなりません。
極端な、省力化は、艦の脆弱性を招くことになります。
  1. 2017/07/22(土) 10:45:33 |
  2. URL |
  3. メバル所長 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sub707.blog.fc2.com/tb.php/243-beca66aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

メバル所長

Author:メバル所長
子供のころから、自衛隊それも海上自衛隊が好きなオッサンです。
かわぐちかいじの「沈黙の艦隊」「ジパング」などではなく、小沢さとるの「サブマリン707」「青の6号」で育ちました。
あまり、Deepではなく、どちらか言うとミーハーなファンかな?
警備所の任務を果たすべく、日夜頑張るつもりであります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

海上自衛隊 (151)
陸上自衛隊 (61)
航空自衛隊 (2)
自衛隊 (6)
パトロール (1)
山岳訓練 (1)
海上保安庁 (1)
未分類 (9)
その他 (5)

アクセスカウンター

フリーエリア

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
にほんブログ村 政治ブログ 軍事・防衛へ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


ニョろぐ

QRコード

QR