メバル 警備所

伊豆東海岸の温泉町。何故か自衛艦が時々停泊,あやしからずや!私設警備所を設け観測するべし。でも、毎週来るわけでもないので、独り言が多いかも。

駒門駐屯地創立57周年記念行事 その2(式典)

駒門駐屯地創立57周年記念行事の続きである。
観閲行進準備から、観閲行進までを

まず最初に、駒門駐屯地司令 野村 昌二 1等陸佐
DSCN3382.jpg
遠くから観ていると、優しそうでダンディーな感じであるが目が鋭い。
駒門駐屯地に所在する中央即応集団国際活動教育隊の隊長でもある。
同隊は幹部と曹クラスからなる、約80名の小さな部隊です。
しかし、野村1等陸佐の経歴が凄い
第6次イラク復興支援群群本部3科長
第6普通科連隊長
南スーダン国際平和協力隊6次派遣施設隊長
等々の経歴を経て、現職となっている。
この部隊の詳細については、こちら「国際活動教育隊」をポチッと
しかし、この部隊は陸上総隊の新編に伴い
統合幕僚学校国際平和協力センターに統合吸収される形で廃止となるとも言われている。
このため、野村1等陸佐が最後の教育隊長となる可能性があります。

同部隊の隊旗、教育部隊(その他の部隊)なので、地色は白、横線は赤、1等陸佐なので赤線は3本となります。
DSCN3377.jpg
戦闘の3等陸佐の左胸には、上からスキー徽章・冬季戦技教育隊記章・レンジャー徽章が並んでいます。
旗手の胸にも、レンジャー徽章が・・・・どういった部隊か、想像がつきますね。
昨年も、同じこと言ったかな?
二人の向こうに見えるのは、第1音楽隊です。
今日は、作業服(戦闘服)に作業帽?の出で立ちです。

さて、国際教(国際活動教育隊)の隊員は・・・
DSCN3389.jpg
正面を向いた、二人の後ろで俯いている隊員は「付け剣」の号令で
銃剣を89式小銃に付けているところ。
以前、ある曹の方に「付け剣は、どうしてこそこそやるんですか?まるで、○部をいじっている様に見えますけど」
と、言ったところ、大受けしました。
「そこまでは、気が付かなかった」とのことでした。
また、こそこそっと隠した感じで付け剣をするのは
「鞘から銃剣を出し、銃口に取り付けるのが
微妙にそろわないためではないためかな」って言っていました。
これから、駐屯地記念行事等に出かける方は
「付け剣」「取れ剣」は、要チェックです。
なんか、この話題も書いたことありそうな気がします。

国旗掲揚です。
DSCN3412.jpg
いつも思うのですが、旗手とお付きの隊員はイケメンを選んでいるような気がします。

はい、お馴染のレッグホルスター
DSCN3434.jpg
9mm拳銃も、御存じシグサワ―P220
一度、足に付けてみたいですね。

前回、紹介した89式の折り曲げ銃床型とベルクロの戦闘靴
DSCN3429.jpg
以前、隊員と思われる方から
「正式の行事にはレッグホルスターではなく皮のホルスターを装着する。
また、ベルクロの靴も同様に編上げの方が正解」との指摘がありました。

長~い、来賓の挨拶も終わり、いよいよ観閲行進準備へ、乗車!
DSCN3478.jpg
目の前に居る87式偵察警戒車で見て行きましょう。
操縦手が足掛けに足を掛け「よっこらしょっ」と登ります。

右足から入って
DSCN3479.jpg

25mm機関砲に手を掛け、左足を入れます。
DSCN3481.jpg

ようやく両足を入れて
DSCN3483.jpg

戦闘靴から車体に付いた土を払って
DSCN3486.jpg

中に潜って行きます。
DSCN3489_20170415125147d80.jpg
う~ん、装甲車両って、乗り込むだけでも大変そうですね。

観閲行進のために出てきた隊員
DSCN3534.jpg
お客さんの前に出てくる隊員は、凛々しい方が多いです。

回れ右をして
DSCN3535.jpg
手袋も、迷彩柄ですね。多分私物ではないかと思います。
駐屯地内の売店で、色々な手袋を販売しています。

これが、自衛隊のグー歩き!?
DSCN3536.jpg
ちなみに、気を付けでも手をグーに握っています。
他の行事で「部隊気を付け」と、号令がかかると
OBの方も、グーで気をつけします。

何のために出てきたかと言うと「観閲行進」「訓練展示」時の警備のため
DSCN3537.jpg
しかし、そこに立たれると写真が撮りにくい。

やはり、邪魔です。
DSCN3595.jpg
車上では、第1戦車大隊(第1師団隷下)隊長 池田 昇2等陸佐が裂帛の号令を

目前を通ります。
DSCN3601.jpg
いいね~、この感じ。
隊旗も良い感じにはためいています。

出を待つ、同大隊の次の10式と74式
DSCN3616.jpg
首都圏を守る第1師団の戦車部隊である第1戦車大隊
10式と74式を装備しています。

74式、敬礼!
DSCN3630.jpg
やはり、男なら戦車乗りですよね。
ただ、私は閉所恐怖症なので無理(>_<)

先ほどと同じ10式じゃないかって?
DSCN3660.jpg
砲塔横のマークと車体前面下の部隊名に注目
この10式は第1機甲教育隊の車両。
前面下に「1戦教」の文字が在るでしょ。
実は、この第1機甲教育隊も廃止となるらしい。
ウィキぺディアによると「2018年(平成30年)3月:第1機甲教育隊及び国際活動教育隊を廃止し、富士教導団隷下の戦車教導隊・偵察教導隊が移駐予定」とあります。
なると、第1機甲教育隊も国際活動教育隊も
今回が、見納めということになります。
陸自の方針が、戦車を本州に置かないということですから
当然、第1戦車大隊も、近い将来なくなると考えていいでしょう。
そういう意味では、駒門駐屯地、目が離せません。

見納めかもしれない、1戦教の74式!
DSCN3663.jpg
実は、これ、幻の74式戦車改修車
昨年の、駐屯地記念日から目を付けていました。
今年は、次回、詳細をアップします。(海自が担当海域に来なければ)

さて、一通り、行事も終わり、警備の隊員は中央へ
DSCN3690.jpg
89式は折り曲げ銃床型だけど、編上げの戦闘靴
やはり、正規では編上げなのかな

左に奈良へ、え!倣えですよね。
DSCN3691.jpg

捧げ銃
DSCN3693.jpg
自衛官は二人以上で行動する場合
誰か一人が号令をかけています。
この場合は、向かって左の隊員が掛けていました。

DSCN3694.jpg
一つ一つの動作が、きっちり決まっています。
そういうところも、ぜひ見ましょうね。

で、引き揚げて行きました。
DSCN3697_20170415125256c4d.jpg

観閲行進の最後に、観閲行進執行者の10式が指令の前に来ます。
DSCN3707.jpg
砲塔横の金色に輝くマークは、駒門駐屯地のマークです。

今回は、ここまで
最後まで、お付き合いありがとうございました。
次回は、多分74式改をお送りします。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ミニタリー - ジャンル:その他

  1. 2017/04/16(日) 17:16:02|
  2. 陸上自衛隊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<駒門駐屯地創立57周年記念行事 その3(74式戦車改) | ホーム | 駒門駐屯地創立57周年記念行事>>

コメント

こんばんは。

ときどき撮影班と思われる方が写っていますが、
広報活動なのでしょうね。
自衛官の姿勢が決まっていますね。
装甲車や戦車を操縦する方はスリムで無いと
厳しそうですね。
もっとも訓練が厳しいから無駄な肉は付かない
でしょう。
  1. 2017/04/16(日) 21:38:10 |
  2. URL |
  3. ichan #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんにちは、ichanさん。

> ときどき撮影班と思われる方が写っていますが、
> 広報活動なのでしょうね。
そうです、駐屯地の広報の方が写真を撮りまくっていました。

> 自衛官の姿勢が決まっていますね。
お客さんの目前に来る隊員は、スタイルも姿勢も決まっています。
顔もイケメンだし、選ばれているって感じです。

> 装甲車や戦車を操縦する方はスリムで無いと
> 厳しそうですね。
> もっとも訓練が厳しいから無駄な肉は付かない
> でしょう。
いやいや、ふくよかな方もいらっしゃいます。
戦車と乗員のスタイルの関係については
次回の記事に載せるつもりです。
楽しみにしていてください。
  1. 2017/04/17(月) 16:38:07 |
  2. URL |
  3. メバル所長 #-
  4. [ 編集 ]

メバルさん、こんばんは。
本州で、戦車部隊の訓練展示が見られなくなってきたのは残念ですが、16式機動戦闘車が登場するのは楽しみです。
あぁ、でも、やっぱり、戦車部隊捨てがたい(欲張りです)
  1. 2017/04/18(火) 20:30:22 |
  2. URL |
  3. よんよん #rqAqbz9.
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

よんよんさん、こんばんは。
返事が遅れて、申し訳ありません。
区の役員の仕事に追われて、いっぱい、いっぱいになってしまいました。

> 本州で、戦車部隊の訓練展示が見られなくなってきたのは残念ですが、16式機動戦闘車が登場するのは楽しみです。
そうなんですよね。
最終的には、本州で戦車が見られるのは
駒門と富士学校、そして総火演になってしまうのかな。
恐らく、戦車教導団が第1機甲教育隊を吸収する形で駒門に来るのでしょうから
駒門が、戦車及び機動戦闘車の故郷になる、と推測しています。

> あぁ、でも、やっぱり、戦車部隊捨てがたい(欲張りです)
戦車、やはり陸の王者です。
本州にも、戦車部隊、配置して欲しいです。
戦車裏話、色々聞いてきました。
次回、アップしたいのですが
次回がいつになるやら(>_<)
  1. 2017/04/21(金) 17:49:10 |
  2. URL |
  3. メバル所長 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sub707.blog.fc2.com/tb.php/235-7d8a511b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

メバル所長

Author:メバル所長
子供のころから、自衛隊それも海上自衛隊が好きなオッサンです。
かわぐちかいじの「沈黙の艦隊」「ジパング」などではなく、小沢さとるの「サブマリン707」「青の6号」で育ちました。
あまり、Deepではなく、どちらか言うとミーハーなファンかな?
警備所の任務を果たすべく、日夜頑張るつもりであります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

海上自衛隊 (148)
陸上自衛隊 (60)
航空自衛隊 (2)
自衛隊 (6)
パトロール (1)
山岳訓練 (1)
海上保安庁 (1)
未分類 (9)
その他 (5)

アクセスカウンター

フリーエリア

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
にほんブログ村 政治ブログ 軍事・防衛へ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


ニョろぐ

QRコード

QR