メバル 警備所

伊豆東海岸の温泉町。何故か自衛艦が時々停泊,あやしからずや!私設警備所を設け観測するべし。でも、毎週来るわけでもないので、独り言が多いかも。

UH-1J 搭乗記

2月某日 春まだ浅き富士山麓において、UH-1Jに登場する機会がありましたので
そのご報告を

早朝に搭乗するということで、富士山麓G市のホテルに宿泊
エアコンのガリガリという、もの凄い音で眠られない一夜を過ごし
翌朝、出迎えてくれたのは、山頂に朝日が当たる富士山。
DSCN1369.jpg
静岡県人にとっても、富士はやっぱり特別な山。
そして、天気も良く、絶好の飛行日和となりそうである。

ヘリパッドのある駐屯地は駅から遠いため、タクシーを奮発!
到着後、早速、格納庫へ
DSCN1410.jpg
これは、展示用のUH-1J
乗機する機体も、これと同じ座席配置と思われる。
狙うは、操縦席の真後ろの2席!

これが操縦席、機長側のドアから覗いています。
はい、間違えていました。
機長さんの席は、右側です。匿名さんご指摘ありがとうございました。
DSCN1412.jpg
レバーが2本にフットペダル、そしてたくさんの計器類
ヘリのパイロットって大変そうです。
そう言えば、昨年も、こんな事を書いていましたね。

今年、目に付いたのが、この車
DSCN1429.jpg
ピカピカの新車!
名称は「ストライカー」
重量 30.97トン
全長 12.065m
全幅 3m
全高 3.454m
容量 水7,600リットル 薬液1,100リットル
放水量 ルーフターレット高圧 4,732リットル/分
      バンパーターレット  1,136リットル/分
これって、1分半で水と薬液を全部放水できるんですね。
大きさも、能力も凄い!
もっと真剣に写真撮っておけばよかった。

今日は、朝一番のフライト。
無造作に、座席の下に置かれたヘルメット
DSCN1493.jpg
機長の説明では「危ないと思ったら被ってください」
って・・・・・

さあ、発進前の点検
DSCN1532_2017031616190440f.jpg
この時は、もうエンジン掛かっていたと記憶しています。
ふっふっふ、わくわくです。

天井も、スイッチだらけ
DSCN1575_20170316161905325.jpg
私だったら、憶えきれません!

おっと、機体はもう浮いています。
DSCN1586_20170316161906531.jpg
機内は、思ったよりもうるさくないです。
もちろん、静かなんて言えないですが。

窓の向こうは、キャンプF
DSCN1596.jpg
お分かりかと思いますが、しっかり操縦席の後ろの席を確保しました、やったね!

大分、高度を上げました。
DSCN1600.jpg
向こうに見えるは、箱根の山々
機長さんは、膝の上に地図を載せ
地物を確認しながら飛行

こちらの風景は、副機長?さんの正面となります。
DSCN1604.jpg

ヘリは、右旋回
DSCN1607.jpg
水準器?に注目

旋回中、横の窓から沼津方面
DSCN1610.jpg
遠くの山裾の薄茶色の区域は、東富士演習場

右の窓には、霊峰富士
DSCN1616.jpg
ちょっと雲が出てきましたね。
朝一のフライトで良かった。

2枚前の山の右側に近づきました。
DSCN1628.jpg
演習場を上空から見ると、枯れ草の中に車両が縦横無尽に通った跡があります。

ここは、多分、トヨタ自動車のテストコース
DSCN1631.jpg
関係者や業者は、トヨタの車じゃないと敷地の中に入れないと言う噂があります。
社員は、勿論、トヨタ車!

今度は、東富士演習場から離れた所で左旋回
DSCN1656.jpg
富士山へ向かいます。

はい、正面に富士山
DSCN1667.jpg
やはり、操縦席の後ろに座んなくちゃね!

先ほど、離陸したヘリの発着場に戻ってきました。
DSCN1690.jpg
もう一回り位、して欲しいところですが
それは無理というもの

滑走路のコースに乗って、左のエプロンに着陸です
DSCN1695.jpg
滑走路には着陸せず、左側の広場(エプロン?)着陸です。
なぜ、ヘリのなのに滑走路が在るの?
ヘリコプターも滑走してり離陸したほうが効率が良いのだそうです。
特に、重い荷重の時は、その方が良いときています。
垂直に離陸するには、出力も必要だし燃費も悪いとか

あれこれ言っている間に、第二陣の人達が出発です。
DSCN1715.jpg

行ってらっしゃい!
DSCN1730.jpg
諸般の事情で、ヘリに乗せてもらえるのも今年まで
貴重な体験をさせて頂きました。
ありがとうございました。


おまけ
自遊自足さんの回答になればという写真
DSCN1557.jpg
方位を示す計器の左隣が多分高度計
0feetを示しています。
その上の、速度計は0KNOTS
巡航しているときは、高度1,090feetで速力93KONTS位でした。(本編の写真を見てね)





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ミニタリー - ジャンル:その他

  1. 2017/03/17(金) 16:39:12|
  2. 陸上自衛隊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
<<来た来た、来た!「にちなん」「わかさ」「はつしま」、おまけに「サンフラワー・フラミンゴ} | ホーム | 第七師団戦車射撃競技会 その3>>

コメント

貴重な体験ですね。

ヘリに載せてもらえるとは羨ましい限りです。
本当に貴重な体験ですね。
話が変わって、甥が陸自に入隊する由。弟の話では信太山駐屯地の新教に入るとか。信太山駐屯地は旧陸軍の野砲兵連隊があったところと思います。今は第37普通科連隊です。
信太山で検索すると面白い情報がありますよ。
  1. 2017/03/17(金) 18:18:45 |
  2. URL |
  3. ちくもん #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは。

ヘリの操縦席のボタンとか計器類がやたら
多いですね。
これを操縦できるパイロットの方は凄い。

この間、河津に行った際に東富士らしきもの
が見えましたが、東富士の上から撮影した
写真、説明が無ければ草とは思えません
でした。

でも、搭乗できたとは羨ましい。
  1. 2017/03/17(金) 21:17:52 |
  2. URL |
  3. ichan #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2017/03/18(土) 01:02:49 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

うらやましいの一言ですね。それにしてもスイッチの数の多いこと。これって全部必要なんでしょうね。午後3時ちょっと過ぎ 左旋回で高度は1000メートルってとこですかね。違うかな??
  1. 2017/03/18(土) 06:18:32 |
  2. URL |
  3. 自遊自足 #-
  4. [ 編集 ]

おはようございます

ミリオタなのに、高いところが苦手な私です。
しかしながらヘリに乗れるのはやはり羨ましい!
ちゃっかりいいポジション取れているのは、さすが所長さんです(笑)。

富士の演習場の一枚が印象的です。
広いということは知識として知ってますが、
最初、写真だけ見て、日本にこんなところがあるのか?
どこだ!ここ・・・って思っちゃいました。

  1. 2017/03/18(土) 08:23:03 |
  2. URL |
  3. 江田島 平八 #-
  4. [ 編集 ]

Re: 貴重な体験ですね。

こんばんは、ちくもんさん。

> ヘリに載せてもらえるとは羨ましい限りです。
> 本当に貴重な体験ですね。
本当に、貴重な体験でした。
お金を払って乗れる機種ではなく
パイロットも本物の自衛官(当り前か)
忘れられない体験でした。

> 話が変わって、甥が陸自に入隊する由。弟の話では信太山駐屯地の新教に入るとか。信太山駐屯地は旧陸軍の野砲兵連隊があったところと思います。今は第37普通科連隊です。
> 信太山で検索すると面白い情報がありますよ。
え~!こんな所に駐屯地があって良いのでしょうか?
あまり詳しいことは、書けないですが
良い所にありますね。
信太山駐屯地(^◇^)
  1. 2017/03/19(日) 20:19:58 |
  2. URL |
  3. メバル所長 #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんばんは、ichanさん。

> ヘリの操縦席のボタンとか計器類がやたら
> 多いですね。
> これを操縦できるパイロットの方は凄い。
本当に、メーターとスイッチ類の多さには驚きます。
レバーも二本、フットべダルも二つ
これらをうまく操って、飛んだりホバリングしたり
ヘリのパイロット凄いです。

> この間、河津に行った際に東富士らしきもの
> が見えましたが、東富士の上から撮影した
> 写真、説明が無ければ草とは思えません
> でした。
え!河津に来られたのですか?
それでは、警備所の近くを通られたと思います。
東富士演習場、草原部分が多いようです。
春になると、山焼きも行うらしいです。
東富士演習場にくっ付く形で
駒門駐屯地,板妻駐屯地,滝ケ原駐屯地,米海兵隊のキャンプ富士,そして富士学校があり
陸上自衛隊の本州でのメッカみたいな感じです。

> でも、搭乗できたとは羨ましい。
はい、本当に良い経験をしました。

  1. 2017/03/19(日) 20:38:08 |
  2. URL |
  3. メバル所長 #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

匿名希望様
はい、確かにご指摘の通りです。
機長席は、右側でしたね。
確か、昨年の記事でもご指摘していただいたのでは?
その記憶に基づき、右の機長席が見える席を確保したのにも拘らず
飛び立った時には、すっかり忘れてしまいました。
ご指摘ありがとうございました。
  1. 2017/03/19(日) 20:43:03 |
  2. URL |
  3. メバル所長 #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんばんは。自遊自足さん。

> うらやましいの一言ですね。それにしてもスイッチの数の多いこと。これって全部必要なんでしょうね。
自分でも、夢みたいな体験でした。
スイッチ類はやたら多いのですが
操縦しているときには、そう入れたり切ったりしていませんでした。
しかし、全部必要なスイッチと計器類だと思いますよ。
アパッチの操縦席を覗いた時は
グラスコックピットでそうスイッチや計器は多くありませんでした。
古い機種ほど、それらが多いのでしょうね。

午後3時ちょっと過ぎ 左旋回で高度は1000メートルってとこですかね。違うかな??
残念でした。午前10時前でした。
でも、高度はピッタリお見事でした。
飛び立つ前の高度計の値は0feet
巡航しているときの高度計の値は1,090feet
ヘリポートが在る地点の標高が焼く670m
670m+1,090×0.3048=1,002m
海面から1,000mの高度でした。
おまけに、出発前の計器の写真を付けておきました。
  1. 2017/03/19(日) 21:16:15 |
  2. URL |
  3. メバル所長 #-
  4. [ 編集 ]

Re: おはようございます

こんばんは、平八閣下

> ミリオタなのに、高いところが苦手な私です。
> しかしながらヘリに乗れるのはやはり羨ましい!
私も、高いところは苦手なのですが
ヘリや飛行機は、割と大丈夫です。
私は、どちらかというと閉所恐怖症なので狭いところが苦手です。
飛行機も、降りるときに機内で並ぶのが大嫌いです。
出口が1カ所しかないことを意識させられるからです。
潜水艦乗りには絶対なれないと思いますwww

> ちゃっかりいいポジション取れているのは、さすが所長さんです(笑)。
ここは、狙っていました。
ほかの皆さんが、どこに座るか躊躇している間に
すっと座ってしまうのがコツ?

> 富士の演習場の一枚が印象的です。
> 広いということは知識として知ってますが、
> 最初、写真だけ見て、日本にこんなところがあるのか?
> どこだ!ここ・・・って思っちゃいました。
本州では一番広い演習場だと思いますが
実際に、上空から見ると意外と狭いと感じました。
もし興味がおありでしたら
グーグルアースやヤフーの地図検索の写真で見ると楽しいですよ。
駐屯地や基地を検索するのも一興です。
  1. 2017/03/19(日) 21:42:58 |
  2. URL |
  3. メバル所長 #-
  4. [ 編集 ]

いいな、いいなぁ。メバルさんいいなぁ♪
無造作に置かれたヘルメット、ヤバイと思ったら、かぶってくださいって、
ヤバイ事があったら、残念ながら終わりでしょう。

無事で、よかったです。
また、メバル警備所からの海自情報が、楽しめます。


  1. 2017/03/19(日) 22:01:00 |
  2. URL |
  3. よんよん #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんばんは、よんよんさん

> いいな、いいなぁ。メバルさんいいなぁ♪
しか~し、ヘリに乗れる特権も今回まで
来年からは、指を咥えているだけとなります(*_*;

> 無造作に置かれたヘルメット、ヤバイと思ったら、かぶってくださいって、
> ヤバイ事があったら、残念ながら終わりでしょう。
そのとおり、説明してくださった隊員の方も笑いながらが言っていました。
私、勿論ヘルメット被りました。
陸自のヘルメットより、ずいぶんと軽くできていました。
ただ、顎紐の締め方が良く解りませんでした。
なんか、首の後ろでも縛るような感じで・・・
カッコつけてバイザーも下したのですが
鼻の下まで下ろしてしまい、写真を見ると宇宙人みたいになっちゃいました。

> 無事で、よかったです。
> また、メバル警備所からの海自情報が、楽しめます。
無事帰還しまいた。ヘルメットのお世話にもならず( ^^) _U~~
海自は掃海艇や「ちよだ」がボチボチ来ているのですが
お気にいることが多く、投錨しないので
写真がなかなか撮れません。
当分、陸自ネタが続くかもしれません。
  1. 2017/03/19(日) 22:57:53 |
  2. URL |
  3. メバル所長 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sub707.blog.fc2.com/tb.php/232-a1d6d1d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

メバル所長

Author:メバル所長
子供のころから、自衛隊それも海上自衛隊が好きなオッサンです。
かわぐちかいじの「沈黙の艦隊」「ジパング」などではなく、小沢さとるの「サブマリン707」「青の6号」で育ちました。
あまり、Deepではなく、どちらか言うとミーハーなファンかな?
警備所の任務を果たすべく、日夜頑張るつもりであります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

海上自衛隊 (147)
陸上自衛隊 (58)
航空自衛隊 (2)
自衛隊 (6)
パトロール (1)
山岳訓練 (1)
海上保安庁 (1)
未分類 (9)
その他 (5)

アクセスカウンター

フリーエリア

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
にほんブログ村 政治ブログ 軍事・防衛へ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


ニョろぐ

QRコード

QR