メバル 警備所

伊豆東海岸の温泉町。何故か自衛艦が時々停泊,あやしからずや!私設警備所を設け観測するべし。でも、毎週来るわけでもないので、独り言が多いかも。

平成27年度富士総合火力演習―撃つべし その2

総火演ー撃つべし その2になります。
言い忘れましたが、今回の報告は演習プログラムに則り
ご紹介して行きたいと思っています。
その1は、主要装備品の紹介>遠距離火力>特科火力 でした。
その2は、主要装備品の紹介>中距離火力>迫撃砲+誘導弾
& 主要装備品の紹介>近距離火力>普通科火力 の一部となります。

それでは、81mm迫撃砲L16から
DSCN3972.jpg
迫撃砲設置し、目標に対する砲の角度等を確認しています。
また、砲弾が手前の旗箱の上に置かれています。
スコッチウィスキーのボトルケース見たいです。
場内放送では、目標の位置、それに対する各迫撃砲のとる角度を流しているのですが
早口で、且つ音質が悪いので、よく聞き取れません。

で、撃ちかた用意
DSCN5518.jpg
砲撃手(装填手?)の隊員が、赤いヘルメットの隊員の合図を待っています。
赤ヘルメットの隊員は、砲撃手の補助係
青ヘルメットの隊員は、砲撃の際に周囲の安全を確認する係
だ、そうです。

はい、砲弾を落とし込みました。
DSCN5541.jpg
発射炎と衝撃波を避けるため
頭を下げます。
赤ヘルの隊員は赤旗を下げ
青ヘルの隊員が赤旗を揚げています。

発射!
DSCN5546.jpg
赤ヘルと青ヘルの隊員の方は
音と衝撃波と熱が、モロに来るのではないでしょうか。

炎の後は、煙が出ます。
DSCN5547.jpg
後で紹介する120mmRTもそうですが、野砲に比べ煙が薄いです。
その方が、敵に発見されることがなくて良いのでしょう。
81mmは、残念ながら砲弾を捉えることができませんでした。

続いて、120mm迫撃砲LTです。
先ずは、砲撃の準備
DSCN5501.jpg
さすが、120mmともなると、砲身が長いです。
先端のカバー?を外すのが大変そうです。

いよいよ、射撃開始。砲弾を落とし込みます。
DSCN4012.jpg
砲弾も大きいですね。

はい!落とし込みました。
DSCN5519.jpg
砲撃手の逃げ方が中途半端じゃありません。

最初に発射時のガスが出てきます。
DSCN5520.jpg
ライフルが切ってある野砲に比べ、隙間が有るためなのか
砲弾が出てくる前のガスの量が多いいです。

では、砲弾が打ち出される様子を順次見てください。
DSCN5521.jpg
DSCN5522.jpg
DSCN5523.jpg
と、いうことで画面から消えて行きました。
弾速が遅いので、結構ハッキリ撮ることが出来ます。
弾着も、当然遅く30秒後に弾着とかアナウンスされます。
忘れたころ、2の台・3の台で砲弾が炸裂します。
残念ながら弾着写真は無し。

次は、誘導弾の部に
中距離多目的誘導弾、俗称「中多」
DSCN4384.jpg
ランチャーの前扉開いて、ミサイルの頭が見えます。
中多は、まだ制式化されていない新しいミサイル。
ミサイル本体のφ≒14cm、L≒1.4mです。

では、行きます。
DSCN4390.jpg
DSCN4391.jpg
DSCN4392.jpg
DSCN4393.jpg
DSCN4394.jpg
DSCN4395.jpg

後方から、見てみましょう。
DSCN5858.jpg
DSCN5859.jpg
DSCN5860.jpg
DSCN5861.jpg
DSCN5862.jpg
ミサイルは、おー!と言っている間に
スピード上げ、弾着します。
とてもコンデジでは追いかけられません。
96式多目的誘導弾等、他のミサイルも、発射されたのですが
取り損ねました。
中多は撮りやすかった・・・・
ので、枚数が多いという大人の事情です。

近距離火力>普通科火力の中から、01式軽対戦車誘導弾を
DSCN4063.jpg
すみません、これだけです。
シャッターチャンスを間違えてしまい、発射時を取りそこなう
という、痛恨のミスをしました。
各ミサイルとも発射煙が少なく、スピードが速いと感じました。

気を取り直して、対人狙撃銃
習志野の第一空挺団・第四〇三管理中隊からリザートとヤンバルです。(もちろん、冗談です)
DSCN4066.jpg
ギリー・スーツをまとい、目標を狙う狙撃手(左)と観測手(右)

遠方から
DSCN5579.jpg
草原をバックにした方が、ギリー・スーツの効果が良く分かります。
これで、草むらに入られると見つけられなくなると思います。
でも、ただの迷彩服も、結構効果がありますね。
で、左の狙撃手が構えているのがH&」K PSG1狙撃銃ではなく
レミントン・アームズ社製のM24SWS狙撃銃。
陸上自衛隊も、そろそろ12.7mmの対物狙撃銃を導入しても良いのでは。

そして、狙うは1/2トラックの運転手、距離は300m~500m?
DSCN3742.jpg

見事命中!
DSCN4070.jpg
今回は、ここまでとなります。
特科に比べると地味になってきました。
花火大会も、最初っと最後に派手に打上げ、中間は地味。
総火演も同じ?






スポンサーサイト

テーマ:ミニタリー - ジャンル:その他

  1. 2015/08/29(土) 11:10:16|
  2. 陸上自衛隊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「はちじょう」「はたかぜ」「やまゆき」

平成27年8月26日(水)13時02分
雨が上がり、涼しいので警備犬と久々の昼の定時パトロール
掃海艦はちじょう」を、警備区域沖合に発見
DSCN6260.jpg
荒れ気味の海に船(艦艇)、海鳥が飛んで向こうに真鶴半島が見える。
いいね~、荒れた海に船(艦艇)!本人は、直ぐに船酔いするのですが。

総火演の記事を優先しようかと思ったのですが
そう言うことで(どう言うこと?)、海上自衛隊艦艇の記事を載せます。

はちじょう」の右横を見ると、水平線上に同じ「やえやま」型の掃海艦の姿が見える。
DSCN6263.jpg
この、水平線船上から覗く艦艇の姿、なんとも良いですよね。

はちじょう」沖に向かいます。
DSCN6279.jpg
DSCN6285.jpg
15時40分現在、「はちじょう」はいつもの浅海域で掃海訓練を行っています。

平成27年8月20日(木)09時57分
珍しい艦を見つけ、港に進出
DDG「はたかぜ」である。
DSCN5321.jpg
定係港は横須賀なのだが、この海域に来ることはめったにない。
また、護衛艦がこの時間まで錨泊しているのも珍しい。

前甲板のスタンダードSAM発射機と、それを波から保護するためのブルワーク
そして一段高い所に設けられた七三式54口径5インチ速射砲(Mk42)
DSCN5323.jpg
新旧の5インチ砲の中では、このMk42が一番好きですね。

さて、艦橋を見ると
DSCN5324.jpg
ウィングで隊員が何やら手を振っています。
観光船が近くを通り、お客さんが手振っているで、それに対するサービス?
横須賀の軍港ツアーでも、手を振ると、ちゃんと笑顔で手を振り返してくれます。
もちろん、課業を行っていない時にですが。
艦橋下の機力装填方式のアスロック弾庫にも、ご注目
今は、垂直発射が一般的ですが
人力で行っていた次弾装填を
弾庫天井のブリッジ・クレーンとラマー・レールで
素早く装填するという優れものなんです。
弾庫の横にある4つの丸い窓の様なものは、ブローアウト・ハッチ
弾庫内で爆発が起きた時、爆風をここから逃がすための物
しかし、その場合艦橋に居る隊員の方は大丈夫なんでしょうか?
短魚雷とはいえ、8本?は入っている筈ですから。

ブルワークから、ヘルメットが覗いています。
DSCN5341.jpg
SAM発射機はダミーらしき物を抱いています。
スタンダードミサイルは、もっと大きいはずなので
保守点検用の何かでしょうか。

艦尾では、隊員の方がなごんでいます。
DSCN5343.jpg
べた凪で海鳥も飛んでいるし、二人で何を話しているんでしょうね。

平成27年8月19日(水)13時33分
何気なく観測窓から海を見ると
ちんまりとした護衛艦が錨泊している。
DD-129「やまゆき」です。
DSCN5229.jpg
昭和60年12月竣工の、かなり年増のお嬢さん、と言ったら失礼でしょうか。
以前は、横須賀地方隊に所属していましたが
今は、第11護衛隊
定係港は、もちろん横須賀
横須賀関係の体験航海とか艦艇公開等でお馴染みの艦です。
それにしても、この小さい艦に
よく、今の汎用型護衛艦の基本装備となるものを搭載したものです。

内火艇が後に回っています。
DSCN5235.jpg
アスロックの装填方式は「はたかぜ」と同じ機力方式。
舷梯が下りているので、夕方上陸がありそうである。

前甲板では何やら反省会が
DSCN5241_20150826152623c99.jpg
やはり、新隊員の教育でしょうか。

終わると、あ~終わったという感じで
DSCN5243_20150826152625423.jpg
で、目立った動きはなくなりました。

同日、16時30分
内火艇による上陸を狙いに、海上自衛隊御用達岸壁へ
DSCN5248_2015082615262654c.jpg
後のヘリ甲板に、大勢の隊員が集まっているが
私服ではないので、上陸は無しか・・・・

何をしているのだろうか
DSCN5249.jpg
集まっているが動きがない。

で、ヒマな時のマスト狙い
DSCN5256.jpg
自衛艦旗はきれいになびいています。
その下に信号旗
一番上は”回答旗”-軍艦(自衛艦)が商船と国際信号旗で通信する時に一番上に揚げる
次が”U旗”-貴船の進路に危険あり
そして”Y旗”-本船(艦)は走錨中である
え!この時、走錨していたとは
そんな風に見えなかった。
それに、次の日(8月20日)の朝まで投錨していたのに。

おっと、いつの間にか隊員の方々はグループに分かれ話し合い?
DSCN5264.jpg
幹部の方は、ファイルをチェックしているようです。

その、ヘリ甲板の下の下の第2甲板では
DSCN5265.jpg
やはり、何か説明を受けているようです。
ヘリ甲板やここで話をしている灰色ぽい作業服の方は、海曹の方でしょうか。

17時近くになっても、上陸の気配なし
DSCN5270.jpg
短SAM発射機のある第1甲板では、その発射機の説明を受けているようです。
ヘリ甲板では、皆さん、向こう側の海面を覗きこんでいます。
一体、何があるのでしょうか?
手前の堤防では、おじさんが「あいつら、何やってんだろう?」と・・・・・

今回は、時系列を逆にしてみました。
総火演の話も進めたいのですが、自衛艦も次から次へと来るし
海自と陸自の板挟み?
次回は、どうなるでしょうか。
ちなみに、「はちじょう」ともう一隻の掃海艦、今夜は錨泊しています。















テーマ:ミニタリー - ジャンル:その他

  1. 2015/08/26(水) 21:15:43|
  2. 海上自衛隊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

平成27年度富士総合火力演習―撃つべし その1

平成27年度富士総合火力演習に行ってきました。
今回の総火演、ケガ人が出たり、10式戦車の履帯(キャタピラ)が外れたりの事件がありました。
そのため、今後はその在り方が変わる恐れもあります。
そいう意味でも、今回行くことが出来たのは幸いでした。
(写真が多いので重いです。注意してください)

総火演の演習内容、最初は遠距離火力(特科火力)です。
最初の出番を待つ、特科火力部隊
DSCN3757.jpg

先ずは、弾着する三段山に発煙弾が撃ち込まれます。
DSCN3758.jpg

203mm自走榴弾砲、撃つ
DSCN3617.jpg
砲煙の先を見てください。
砲弾が飛んでいるのが分かりますか?
シャッタースピードが遅いので、薄い灰色の線として写っています。

DSCN3618.jpg
更に先の方まで飛んでいます。


99式自走155mm榴弾砲、撃つ
DSCN3631.jpg
同じく、砲煙の先の方を探してください。
弾速が203mm比べ早いのか、更に薄く、長い線が見えます。

揃って撃つ
DSCN3632.jpg

アップで99式(2発目の発射です)
DSCN3790.jpg
後の車両が撃った砲弾が見えます。
また、手前は発射したばかりなのか
飛び出す砲弾により圧縮された空気が、砲口から出ているのが分かります。

で、ドカンと煙が
DSCN3791.jpg

弾着、今 (だ~んちゃ~く、いま!)
DSCN3813.jpg
DSCN3829.jpg
暫らくしてから、ドカン、ドカンと爆発音が届きます。

更に、203mmが撃つ
DSCN5789.jpg
また、砲口から圧縮された空気が出ています。
そして、ドカン!
DSCN5606.jpg

DSCN5832.jpg

DSCN5842.jpg
隊員の皆さん、砲の傍に平然として立ったり、座ったりしていますが
物凄い発射音と衝撃波が襲っている筈。
耳栓はしていると思うけど、凄い!

横から見ると、砲弾らしきものが
DSCN3843.jpg
DSCN3846.jpg
こうなります。

だ~んちゃ~く、いま!
DSCN3891.jpg
弾道を見せるため、空中で順々に炸裂させています。
斜めに、4発炸裂しています。
この先に弾着するよ、ということです。

155mm榴弾砲(FH70)も撃つ
DSCN5649.jpg
薄く砲弾が見えます。
次弾が閉鎖機の下のカゴ?に載せられています。

DSCN5650.jpg

では、横から
DSCN3851.jpg
DSCN3852.jpg

だ~んちゃ~く、いま!
DSCN3918.jpg
横一列の弾着、ちょっと、遅れてしまいました。

では、本日の最後に、有名な富士山型の弾着を楽しんでください。
だ~んちゃ~く、いま!
DSCN3958.jpg
DSCN3959.jpg
DSCN3960.jpg
DSCN3961.jpg
DSCN3962.jpg
DSCN3963.jpg
陸上自衛隊、野戦特科部隊の実力を楽しんでいただけましたか?
総火演、更に続きます。
海上自衛隊ファンの皆さん暫らくお付き合いを願います。

テーマ:ミニタリー - ジャンル:その他

  1. 2015/08/24(月) 15:43:26|
  2. 陸上自衛隊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

走る「ちよだ」

平成27年8月4日(火)17時56分
8月4日自衛艦艇の来港は無い、とブログをアップした後
観測窓から外を見ると、建物の屋上から「ちよだ」のラム・テンショナーがひょっこり覗いている。
暑いし、来港は無い、と記事を書いたので、とぼけようと思ったが
カメラ片手に、海自御用達岸壁へ急ぐ
あっついんだから、「ちよだ」、入港時にはエアーホーンで短音数笛鳴らしてほしいもんだ。
DSCN3489.jpg
西日を浴びる「ちよだ」
艦内はエアコンが効いているのだろうか?
各所のハッチを開けていても、風が通る構造とはとても思えない。

「ちよだ」のお腹?は、今日は空っぽ!
DSCN3498.jpg
ケーブルの伸び方を見るとDSRVは艦橋下に格納されている様子。

何か面白いことがないかと、あちこち観測していると
DSCN3499.jpg
ヘリ甲板を走る隊員が一人!
体を鍛える深海潜水員か?それともただの運動不足解消か?

走る走る
DSCN3501.jpg
艦上でのランニングは、鋼板の上を走るので膝や足首に大きな負担がかかるとか。
皆さん、良いランニング用シューズを履きましょう。
ヘリ甲板下に居る隊員は・・・・・・お馴染みの携帯電話ですね。

「ちよだ」作業艇を降ろしている様子も無いので
岸壁に係留している東京海洋大学の練習船「青鷹丸(せいようまる)」を
DSCN3513.jpg
総トン数170t,全長35.5m
エアコン用と思われる補機がウンウン言っていました。

反対側から、もう一枚
DSCN3515.jpg
遠くに「ちよだ」が見えるかと
手前のプレジャーボートも海洋大学の関係か、それともどこかのお金持ちの艇か?

平成27年8月5日(水)05時24分
今度は、朝日を浴びる「ちよだ」
DSCN3527.jpg
この時間帯の艦艇の姿も良いもんです。

定置網の船と「ちよだ」
DSCN3523.jpg注目は、定置網の船を見てほしい。
喫水がぐっと下がっているでしょう。
大漁ですね、これは。
この船は港内の魚市場に魚を揚げに行くのです。

「ちよだ」、いつの間にかPTCが出ている。
DSCN3520.jpg
PTC、白い塗装なので、朝日を浴びるときれいです。

この後「ちよだ」は07時頃出港し、そのまま帰らず
再度の入港を期待したのに残念。

「あすか」レーダーについて
世界の艦船9月号に
試験艦「あすか」新型多機能レーダーの開発試験に着手、との記事があった。
そこで、以前の「あすか」の写真を再掲する。
まず、全体の正面図
asuka-6-4.jpg

マスト部
asuka-6-5.jpg
艦橋構造物上の支搭前とマスト上段のフラットにそれぞれ設置されているのは、潜望鏡探知レーダーである。
このレーダーは、P-1哨戒機用レーダーを艦載化するとともに素子数を増やしている。
高さに寄る探知距離の違いを検証するため、このような配置となった。
アップ
支搭部
asuka-6-8_20150812150006e22.jpg
マスト部
asuka-6-71_20150812150604433.jpg

そして、将来護衛艦用多機能レーダーとされるのがこれ
asuka-5-1_2015081214590909f.jpg
左側の白いカバーがそのレーダーである。
超音速対艦ミサイルなどの超高速低空目標への対処を得意とするとある。
asuka-4-2_2015081214590714f.jpg
では、その左側の大きな白いカバーのレーダーはなんであろう?

これである、FCS-3系のレーダーと思えるが
asuka-4-3_2015081214590847c.jpg
記事には、このレーダーについての記事は無く、その写真さえ載せていない。
だいたい、この写真は平成26年の7月のものである。
それが今開発試験に着手とは?
この一年間は試験に至るまでの調整期間だったのであろうか。
そして、記事に乗っていないレーダーの正体は如何に?


テーマ:ミニタリー - ジャンル:その他

  1. 2015/08/12(水) 13:58:41|
  2. 海上自衛隊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

イージス,イージス,イージス その2

平成27年7月24日(金)07時56分
掃海艇「はつしま」が、警備所沖で掃海訓練。
新しく領収した艇なので、慣熟訓練を行っているのか
連日、早朝からの機雷処理(訓練)である。
DSCN3032.jpg
「はつしま」、警備所管内の海域に投錨して貰えないのが、何とも寂しい。

同日17時06分
所要で出かけ、海沿いのバイパスで沖から来る艦艇を発見。
形状から、イージス艦と見当をつける。
しかし、先を急ぐのと車を止める場所が無いので一旦諦める。
先日の「たかなみ」の投錨を捉えた峠の途中から狙ってみた
DSCN3033.jpg
今正に、岬の先からイージス艦「きりしま」が姿を現した。

海が凪のため、引き波が美しい。
DSCN3045.jpg
距離5,000m 高度差350mといったところ
ここから突っ込むと127mmで撃たれるか
CIWSの射程4,500mに入った所で撃たれるか
などと下らないことを考えつつ車に戻る。

7月25日(土)05時30分
夜明けのイージスを
DSCN3066.jpg
朝の定時パトロールで、一枚。

やっぱり艦橋と言うことで
DSCN3071.jpg


動かないので不満げな警備犬に引っ張られその場を張れると
好きな人いるもので、当方が居た場所に直ぐに来た彼
DSCN3061.jpg
300mm位の望遠で盛んに写していたカメラ小僧(青年)。
装備品から言って完全に”撮り鉄”ならぬ”撮り自(自衛隊)"?
これじゃ痔主みたいか。
基地や駐屯地祭に良く居る、自衛隊を本格的に撮影するファンをなんと言った良いのでしょうかね。
ミリタクではジャンルが広すぎるし、やはり「捕り自」が一番シックリくる?

場所を変えて、静かに佇むイージス
DSCN3086.jpg
風も無く、良い凪ですね。
しかし、この天気だと今日も暑い日になりそう。

朝日にあたるイージス
DSCN3089.jpg
こうやって見ると、ラティスマスト大きいですね。
ステルス的に問題があるのでしょうけど、嫌いじゃありません。
外国の軍艦では旧ソビエトの、花魁の簪みたいなアンテナだらけのマストが好きなんです。
動きが無いので、一旦警備所へ戻る。

同日06時54分
錨を上げ始めたのか、艦の向きが変わってきた。
DSCN3128.jpg
艦尾や舷側に隊員がずらっと並んでいる。
これも、新任隊員の教育の一環だろうか。
状況下における出港時の周辺の警戒?
DSCN3138.jpg
後に手を組み、如何にも見張っているって感じでしょ。

幹部※も説教?をたれているしね。
DSCN3141.jpg
※一段高くなっている甲板中央の紺色の作業服で艦首方向を向いている方。

同日07時41分
「きりしま」は完全に横向き
DSCN3156.jpg
前甲板、中保部の甲板、艦尾の甲板、それぞれに隊員が出て、辺りを警戒。
これから、海外に出るケースが多くなる自衛艦
当然、投錨、揚錨痔の脆弱な時間帯に対する警備要領もあるはずだし
その訓練も必要と言うことだろうか。

前甲板から
DSCN3157.jpg
ここは、何時ものとおり揚錨作業に忙しい。
ゴコン、ガコンとゆっくり錨鎖が上がって来ます。

中央部
DSCN3160.jpg
ね、見張っているでしょ。
後のヒマそうな隊員は、古参の隊員と言ったところ。

艦尾甲板
DSCN3162.jpg
新任隊員は集合して幹部のお話を聞いているようです。

艦首、大分錨が揚がって来ました。
DSCN3169.jpg
幹部の方も、かなりの人数揚錨作業を覗きこんでいる様子。
幹部も新任の方が、かなりの人数いらっしゃるかも知れません。
向こう(奥)に居るのは、掃海艇「はつしま」
例によって、早朝より掃海の訓練。

同日07時48分
やっと錨が揚がって来ました。
DSCN3191.jpg
「きりしま」クラスになると、揚錨に一時間以上かかる感じです。
以前、海上自衛官の型と話す機会があった時に
「錨泊するのも良いですけど、投錨と揚錨作業が大変なんですよ」と言っていました。

で、自衛艦旗をなびかせ出港です。
DSCN3182.jpg
今回は、自衛艦旗、長旗とも、まあまあきれいに撮れました。
以上で、イージス,イージス,イージスは終了です。
その後、今日現在(8月4日)まで、自衛艦の来港はありません。
近海での新任隊員の訓練と航海に対する慣らしが済んんで
今後は、もっと遠距離での日数も掛かる訓練を行っているかもしれません。






テーマ:ミニタリー - ジャンル:その他

  1. 2015/08/04(火) 14:16:25|
  2. 海上自衛隊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

メバル所長

Author:メバル所長
子供のころから、自衛隊それも海上自衛隊が好きなオッサンです。
かわぐちかいじの「沈黙の艦隊」「ジパング」などではなく、小沢さとるの「サブマリン707」「青の6号」で育ちました。
あまり、Deepではなく、どちらか言うとミーハーなファンかな?
警備所の任務を果たすべく、日夜頑張るつもりであります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

海上自衛隊 (152)
陸上自衛隊 (63)
航空自衛隊 (2)
自衛隊 (6)
パトロール (1)
山岳訓練 (1)
海上保安庁 (1)
未分類 (9)
その他 (5)

アクセスカウンター

フリーエリア

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
にほんブログ村 政治ブログ 軍事・防衛へ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


ニョろぐ

QRコード

QR