メバル 警備所

伊豆東海岸の温泉町。何故か自衛艦が時々停泊,あやしからずや!私設警備所を設け観測するべし。でも、毎週来るわけでもないので、独り言が多いかも。

潜水艦救難母艦 AS-405 ちよだ

平成25年11月28日(木)
8時30分 警備犬とパトロールに出たところ
湾内に ちよだ が停泊
chiyoda-1.jpg
船体中央部を見ると
何やら大勢の隊員が何かの作業をしている。
chiyoda-2.jpg
深海救難艇(DSRV)の昇降口であるセンターウェルを
盛んに覗き込んでいる。
よーく、見ると白い球体に赤い枠がある物体の頭が見えるのがお判りだろうか?
クレーン・プラット・ホームからワイヤーで吊り下げられているようです。
何かなと思いながらも
警備所に戻り、本来の業務を行い
10時40分所用で警備所を出たところ
その正体が分かりました。
chiyoda-3.jpg
これは、深海潜水装置(DDS)の人員移送用カプセル(PTC)です。
DDSは、深度300mまでの深海で潜水員が長時間にわたり
飽和潜水作業を行うための一連の装置を言います。
PTCは、潜水員を高気圧下の状態のまま海中に移送するカプセルです。
そして、300mの海中で潜水員が着用する潜水装置がこれ
chihaya-7.jpg
chihaya-8.jpg
深海の低い水温にも耐えられるよう
分厚い素材で作られたドライスーツ
高い水圧に耐えられる丈夫なマスク
そして、ヘリウムを主成分とする
混合ガスを供給するタンクとホース類
宇宙服のようです。
ダイビング用とはだいぶ違いますね
(この2枚の写真は潜水艦救難艦 AS-403 ちはや のものです。)
ということで、どうやら深海での潜水員の訓練を行うようです。

昨年も同様の訓練を行っており
平成24年11月12日の写真がこれ
前甲板に他のドライスーツと一緒に
オレンジ色のこのスーツが干されているのがお判り?
chiyoda-4.jpg


スポンサーサイト

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2013/11/29(金) 17:13:05|
  2. 海上自衛隊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

来ないはずだよ

平成25年11月27日(水)
今まで、毎週のように来ていた横須賀基地の掃海艦および掃海艇部隊
ぱったりと来なくなりました。
何か有ったのかなと海上自衛隊のホームページを覗くと
海上幕僚監部からのお知らせが
お知らせ
これって、海上自衛隊掃海隊のほぼ全勢力では!
機雷戦訓練としては、非常に大規模な訓練ですね。
このために、このところ当警備所沖で訓練を続けていたのでしょう。
ちなみに、訓練統制官は掃海業務支援隊司令
掃海業務支援隊?聞きなれない部隊ですが
ホームページを見ると
ちょっとオチャメな内容
一度、訪れてみてください。

さて、中国の尖閣列島を含む防空識別圏
海警による領海侵犯といい
中国は日米にチキンゲームを仕掛けている感じ
日本はどこまで踏ん張れるのだろうか?
グアムのB52が2機
この識別圏を飛んだということだが
中国はスクランブルをかけなかった。
米軍であれば、中国空軍機がフェイクではなく、本気でスクランブルをかけた場合
嘉手納からの戦闘機で、有無を言わせずこれを撃墜する可能性が大であろう。
しかし、日本は?
自衛隊機は、最初にこちらからは撃てない!
中国空軍が日本機に対して、スクランブルをかける可能性は大きい。
日本や外国の民間機に中国空軍がスクランブルをかけた場合
航空自衛隊はスクランブルをかけるのだろうか?
日本の防空識別圏であるから
航空自衛隊が対処しなくてはならない。
いずれにしても、中国空軍機に対するスクランブル
そして、P-3Cによる哨戒業務
これからは命懸けになると思われる。
この状態はこれからずっと続く
そのプレッシャーに負けないでほしい。特に政治家は・・・


  1. 2013/11/27(水) 15:03:28|
  2. 海上自衛隊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

横須賀地方隊 第41掃海隊

平成25年11月13日(水)13時30分
警備犬とのパトロール中、湾内対岸に掃海艇を発見
艇番号604 えのしま である。
8日(金)に来たばかりなのに
訓練に熱が入っている。
enosima-7.jpg
第41掃海隊の他の2艇も掃海艇も来ている筈だと
沖合に目を移すと
先ず 683 つのしま らしき艇を遠くに発見
tsunoshima-2.jpg
そして、島の近くに 605 ちちじま が居ました。
chichijima-4.jpg
各艇は、微速にて移動しており、特に えのしま はほとんど動いていない
見通しのラインを決めて、よく見ていると
本当に、微速で動いている。
3艇とも海岸近く、もしくは島の近くで訓練を行っている。

この辺の、海岸は磯もしくは砂浜であり
京浜地区の護岸により作られた港とは
かなり掃海時の条件が異なると思われます。
横須賀地方隊の掃海部隊とは言え
尖閣等の南西諸島での掃海を考えてるのか?
  1. 2013/11/15(金) 13:52:25|
  2. 海上自衛隊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

多用途支援艦 えんしゅう AMS-4305

平成25年11月11日(月)
昨日、10日15時50分に見慣れない自衛艦が入港。
艦番号は4305、調べてみると多用途支援艦ひうち型の5番艦 えんしゅう でした。
各種射撃訓練の支援(標的の曳航等),自走不能の艦の曳航,救難,輸送と,幅広い任務をこなします。
特に、4番艦の げんかい から、潜水艦に対する訓練支援能力が強化されています。
enshu-1.jpg
写真は、本日11日8時20分撮影
なんでも、えんしゅう1隻で ましゅう(満載排水量25,000トン)を、曳航する能力があるとのこと。
掃海艦 やえやま より、若干小さい艦(基準排水量980トン)なのに力もちです。

艦尾は、自走式標的や曳航式標的の揚げ下ろしのため、アールの付いたスロープになっているのが
お分かりでしょうか?
enshu-2.jpg
奥には曳航用のドラムが見えます。

9時30分には見えなくなっていました。
恐らく、大島沖の演習海域の向かったものと思われます。
 

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2013/11/11(月) 10:11:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

探し物はなんですか~♪

平成25年11月8日(金)10時
警備犬と遅めの海岸パトロール
海岸端の船溜まりを見ると
なんと、掃海艇の処分艇(ゴムボート)が来ている。
shobunntei-1.jpg
自衛艦旗(軍艦旗)も揚げ所属を明らかにしている。
ドライスーツを着用しボートに乗って海岸近くいると、密漁者と勘違いされるからでしょう。
すぐ近くには海上保安庁の出先機関もあるので、賢明な判断!
それにしても、処分艇は近くで見るとゴムボートとしてはかなり大きい。
波にも強く、スピードがでる複合艇にしないのは、触雷時を考えてか?
スキッパーは汐焼けした顔にサングラスをかけ、おっかなそうな海曹?らしき人物。
盛んにテトラポットの中を覗き込み、何かを探している様子。
陸を見ると、もう一人隊員が、やはり何かを探している。
shobunntei-2.jpg
う~ん、何を探しているのか?
海岸を探しているということは、浮くものである。
また、探し方を見ると、大きなものではなさそう。
小さなブイ、防水型の無線機?まさか、ハンドソーナーか!
しばらく、陸と海から船溜まりの中を探していましたが
見つからなかったのか、陸の隊員を乗せると
護岸のテトラポットの捜索に向かって行きました。
shobunntei-3.jpg

沖を見ると、掃海艇 MSC-605 ちちじま が居ます。
chichijima-2.jpg
この二人を待っているのか、浅海域での訓練なのか?
しばらくすると、正面を向いてきました。
掃海艇、幅が有ると思っていましたが
こうしてみると、結構細く感じます。
chichijima-3.jpg

さらに沖には、MSC-604 えのしま が遠くに見えます。
私のコンデジの性能では、これが精一杯!
enoshima-6.jpg
バウ(船首)に、白波が立っているところを見ると
結構なスピードで、走っているようです。
掃海具を引いているのかもしれません。

その後、波打ち際を警備犬と捜索しながら帰りました。
何か見つけたら、ご近所の地連に届け
自衛隊音楽祭りの券を貰えたらと、あさましい考え!
しかし、有るのはペットボトルばかり、それらしいものは何もありませんでした。
皆さん、海や川にペットボトルを捨てないように!

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2013/11/09(土) 09:48:08|
  2. 海上自衛隊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MSC-605 ちちじま MSC-604 えのしま

平成25年11月6日(水)15時40分
警備所から、ふと沖合を見ると
掃海艇が入港してくる。
見ていると、アンカーを打ち始めたので
港堤防まで進出
掃海艇は全部で2艇
1艇は既にアンカリングしている。
艦番号、掃海艇だから艇番号というのかな?
605 おお、今年の3月に就役したばかりの えのしま型の2番艇である ちちじま である。
chichijima-1.jpg

そして、沖から入港してきたのは 604 えのしま
アンカーを落とし、海底に付いたのを確認後
微速で後進をかけ、アンカーを海底に喰い込ませている様子。
ということは、横須賀地方隊 第41掃海隊の2艇が来たことになります。
enoshima-3.jpg
分かりにくいので、前部のアップを
enoshima-4.jpg
右舷から海中に鎖が出ている
左舷から白いロープが、同様に海中へ
このロープは、恐らくアンカーが根掛かりしたときに
アンカーを外すためのものと思われます。
それにしても、海上自衛隊は各作業に人員をかけますね。
もちろん、安全確保ためでしょうけれど。
さて、艦橋の左舷側をよく見ると
測距儀を覗く隊員がいます。
アンカーを打つにあたって、陸からの距離を計っているものと思われます。
さらに細かいことを
フェアリーダー(導索器-ロープを通す金具)の根元が分かりますか?
板状になっています。
これは、えのしま型からFRP構造となったことにより
力がかかる部分を補強するためでしょう。

ここで、前から気になっていたことが
掃海艦、掃海艇とも自衛艦旗はマストに揚げるのですね。
掃海用具の関係で、艦尾に旗竿が設置できないからでしょう。
enoshima-5.jpg
まだ、測距儀で距離を計っていますね。
それにしても掃海隊の訓練、多いですね。
昨日までは、下記のとおり第51掃海隊が来ていました。
そして、10月30日には、683 つのしま と岸近くで訓練。
その時、沖合では第51掃海隊の掃海艦が訓練を行っていました。
この、猛訓練? 近々、海外に出るのでしょうか?



平成25年11月5日(火)7時30分
警備所から、海を見ると掃海艦が3隻出港準備。
MSO-301 やえやま
MSO-302 つしま
MSO-303 はちじょう
掃海群第51掃海隊の3隻である。
先ず、302 つしま 例によって錨を揚げながら、鎖の泥落としのため
盛んに海水をかけているため、ホースパイプから勢いよく水が出ている。
tsusima-8.jpg
今回は、天候及び艦の向きも良く
作業の様子がよく分かると思います。
続いて 301 やえやま 
yaeyama-7.jpg
まだ、アンカーを揚げ初めてないのか、鎖に海水をかけていません。
ウミネコとボートの釣り人は、ご愛敬!
はちじょう は、死角に入り見えず、残念。


テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2013/11/06(水) 15:30:00|
  2. 海上自衛隊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

海洋観測艦 にちなん AGS-5105

平成25年11月 1日(金)
昨日の夕方、警備所から海を見ると
掃海艦が3隻となり、その他に海洋観測艦 にちなん AGS-5105 が停泊していました。
既に、船体各所にある灯りがついております。
nichinan-1.jpg
薄暮の中で写真を撮ったのでピンボケ
おまけに、警備所前に電線がとおり、御覧のあり様
お恥ずかしい。
ということで、合計4隻の自衛艦が停泊
基地以外では、結構珍しいのではないでしょうか?

さて、明けて本日11月1日 午前5時50分 各艦、汽笛を鳴らし出港準備にかかる様子
6時10分 303 はちじょう はアンカーを揚げている最中
6時50分 出港のラッパが鳴り、各艦順次出港
ただし、にちなん は任務の内容が違うためか錨泊したまま
7時30分に所長が所用で出かけ、8時30分頃戻ってきたときには
その姿は、見えませんでした。
今日の夕方、また、いずれの艦が戻ってくるのでしょうか?
しょっちゅう来るのは、うれしいのですが
本業に支障が出てしまう?

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2013/11/01(金) 13:17:34|
  2. 海上自衛隊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

メバル所長

Author:メバル所長
子供のころから、自衛隊それも海上自衛隊が好きなオッサンです。
かわぐちかいじの「沈黙の艦隊」「ジパング」などではなく、小沢さとるの「サブマリン707」「青の6号」で育ちました。
あまり、Deepではなく、どちらか言うとミーハーなファンかな?
警備所の任務を果たすべく、日夜頑張るつもりであります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

海上自衛隊 (145)
陸上自衛隊 (55)
航空自衛隊 (2)
自衛隊 (6)
パトロール (1)
山岳訓練 (1)
海上保安庁 (1)
未分類 (9)
その他 (5)

アクセスカウンター

フリーエリア

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
にほんブログ村 政治ブログ 軍事・防衛へ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


ニョろぐ

QRコード

QR